黒人演歌歌手JERO(ジェロ)君

黒人演歌歌手JERO(ジェロ)君

2008年02月06日



テレビで、黒人演歌歌手のジェロ君が
インタビューされていました!



ジェロ君は、アフリカ系アメリカ人の演歌歌手。
なんでも、おばあさんが日本人で演歌が好きで、
そのおばあさんを喜ばせるために演歌を歌ってきたんだとか・・

ジェロ君のデビュー曲である「海雪」のPVを見たけれど
すごいギャップがあってびっくりしたわ〜わーい(嬉しい顔)

ジェロ君の格好とか見た目とかは、まんまHIPHOPなのに
歌ってみたら演歌で、その上上手!

黒人さんの演歌歌手って今までいなかったと思うし、
歌も上手だから今から大人気になりそうな予感ね〜〜!

●デビュー曲「海雪」
作詞:秋元 康、作曲:宇崎竜童。
二人の超大物コンビが、演歌歌手を目指して海を越えて来た男の為に、演歌・歌謡曲の魅力を凝縮した恐ろしいまでの名曲を完成。

サンタナ的ギターが随所に歌を盛り上げる、
日本人のDNAを揺さぶる曲です。

●カップリング曲「東西南北ひとり旅」
作詞:山口洋子、作曲:吉田正。
レツゴー三匹の隠れた名曲。
夢を追って東西南北を駆け巡る男の歌は、
まさに夢を追いかけてアメリカから日本にやって来た
ジェロの心そのものです。

ジェロ君のプロフィール
1981年9月4日 アメリカ、
ペンシルヴァニア州ピッツバーグ生まれ。
ピッツバーグ大学情報科学科卒業。
日本人である祖母の影響を受け、幼少の頃より演歌を聴きながら育つ。
そして、大好きな祖母を喜ばせるために
自分でも演歌を歌い始めるうちに自分自身が演歌の虜になり、
日本の演歌を100曲以上マスターする。

その後、名門ピッツバーグ大学に進学して優秀な成績を収め卒業し、
コンピューターエンジニアとして将来を嘱望されるが、
その一方で演歌の魅力にますますとりつかれ、
遂に2003年、演歌歌手になる為に来日。

関西でコンピューターエンジニアの仕事をしながら、
各地のカラオケ大会や「NHKのど自慢」等に出演。
アマチュア演歌歌手として活動を続ける中、2006年に
ビクターがスカウト。
2年間本格的ボーカルレッスンを続けて、満を持してデビュー!

好きなアーティストは坂本冬美、五木ひろし、美空ひばり。

ちなみに、ダンスチームを率いるなど、HIPHOPダンスも得意
posted by 節約ママ at 10:33 | Comment(0) | ranking(32) | 芸能 ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82637668

この記事へのトラックバック

昭和の大ヒット大全集(下)
Excerpt: 川の流れ・君の唇に色あせぬ言葉を ~ 阿久
Weblog: 演歌が最高によかった
Tracked: 2008-02-13 15:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。